埼玉県 賃貸マンション・アパートの空室対策-入居率がUPするリフォーム工務店 リメイクスタジオ
メールでのお問い合わせはこちら。TEL:048-671-4646(電話受付時間:9時~18時 日曜日除く)
埼玉県 賃貸マンション・アパートの空室対策-入居率がUPするリフォーム工務店 リメイクスタジオ
電話番号0486714646
お問い合わせ

建物の管理は大切です!
消防、受水槽、エレベーターなどの 管理はオーナー様もしっかり把握!

建物の管理は大切です!消防、受水槽、エレベーターなどの管理はオーナー様もしっかり把握!

消防や受水槽、エレベーターの管理ってどうなってるの?

所有する物件の管理をすべて管理会社にお任せしているオーナー様がいらっしゃれば、できる限り自分で管理しているオーナー様もいらっしゃると思います。

ただし、消防や受水槽、エレベーターといった設備に関しては、法的な取り決めもあり、また入居者様の命を守る重要な設備ですから、やはり管理会社や特定の業者に任せっきりというオーナー様が多いと思われます。


しかし、そういった重要な設備こそ、本来オーナー様がしっかり把握・管理しておかなければならない、と思いませんか?

では、まずこれら設備はどういった管理が必要なのでしょうか。
それぞれ、次のように定められています。

消防設備

半年に1回、消防設備点検資格者による消防設備機器の点検をすることが消防法で定めれています。 消防用設備には、消火器や火災報知器、避難はしごなどが挙げられます。
さらに、1年に1回は総合的な点検をし、消防署へ届け出ることが定められています。

受水槽

1年に1回、清掃を行うことが水道法で定められています。
清掃は、貯水槽清掃作業監督者など、専門的な知識や技能を持つ者が行うことが望ましいとされています。

エレベーター

1年に1回、法定点検を行うことが定められています。
オーナー様の物件もそれぞれに専門的な知識や技術を持つ業者が管理会社から委託され、定期的に点検を行っているはずです。

オーナー様が管理してもOK

ここで、「こんな重要な設備の管理をオーナー自らやっていいの!?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、オーナー様ご自身がそれぞれの資格を取得して点検するという意味ではありません。
ここでいう管理とは、どこの業者に依頼をするかオーナー様ご自身がきちんと決め、正しい点検や清掃が行われているか確認するということです。

管理会社にすべてをお任せしている場合、どこの業者に依頼していて、どれだけの点検費用がかかっているか、把握できていますか。
消防設備の点検、受水槽の清掃、エレベーターの保守管理の費用の相場がどれくらい把握できていますか。

実際には、そこまで詳しく把握できていないオーナー様も多いのではないでしょうか。

しかし、今の時代、当然のことながら、さまざまな情報はインターネットで調べることができます。
業者の数や特徴、ある程度の費用もホームページ上で把握することができるでしょう。

ちなみに、共同住宅の踊り場や廊下の隅などに消火器を置いていますよね。
この消火器、実はホームセンターでも購入することができるんです。しかも、新しい消火器を購入すれば、古い消火器を無料で引き取ってくれるというサービスを行っているホームセンターもあるようです。
お近くのホームセンターに行ってみてください。今まで知らなかった消火器1本の値段も知ることができるのです。

物件の管理に熱心なウチコミ!のオーナー様であれば、こういった設備の管理についてもしっかり把握しておくことをぜひおすすめしたいのです。

設備の知識も身につけることも"管理"です

……と、ここまでで、まるで「消防設備、受水槽、エレベーターなどの管理は管理会社に任せずオーナー様でやりましょう!」という雰囲気でお話ししてきてしまいました。
もちろん、ご自身で管理できれば費用を抑えることもできるでしょう。
しかし、実際にそれらの管理をすべてオーナー様ご自身で行うのは、やはりハードルは高いのです。

最初にもお伝えしましたが、これらの設備は入居者様の命にもかかわる部分ですから。

お伝えしたいのは、"管理状態をしっかり把握しましょう"ということです。
これらの管理について、管理会社にすべてお任せしていてもいいと思います。
しかし、そこに無駄な費用がのっていないか、きちんとした業者に頼んでいるのか、法にのっとった管理をしっかりしているのか、そういったことをオーナー様も把握するべきだということです。

そのために、ご自身でさまざまな業者のホームページをチェックしてみて費用の相場や点検内容を知識として頭に入れておくのもよいでしょう。

ときには、相見積もりをとって、管理会社にそれとなく相談に行ってみてもいいでしょう。
「ここの業者はこれくらいの費用で点検をやってくれるみたいだけど、今お願いしているところはいくらなの?」といった具合にです。

このように、「消防設備、受水槽、エレベーターなどのことも分かっているオーナー」という意識を管理会社に植え付けることができれば、より確かで安全な点検を継続することもできるのではないでしょうか。

"専門的で難しいところは管理会社任せ"ではなく、そういった大切な部分こそ、オーナー様もしっかり勉強することが重要だと思います。


「良質な管理を行うための管理会社とのつき合い方」。「良質な管理を行うための管理会社とのつき合い方」。

~簡単には変えることができない管理会社。上手につき合っていく秘訣は、やっぱりコミュニケーションです~

資料請求はこちら お問い合わせはこちら

資料請求はこちら

お問い合わせ電話番号
メールお問い合わせ

このページのTOPへ