埼玉県 賃貸マンション・アパートの空室対策-入居率がUPするリフォーム工務店 リメイクスタジオ
メールでのお問い合わせはこちら。TEL:048-671-4646(電話受付時間:9時~18時 日曜日除く)
埼玉県 賃貸マンション・アパートの空室対策-入居率がUPするリフォーム工務店 リメイクスタジオ
電話番号0486714646
お問い合わせ

こんなにかかる!? 物件を維持するための外壁塗装や リフォーム工事費用

こんなにかかる!? 物件を維持するための外壁塗装やリフォーム工事費用

入居者入れ替え時の費用だけでは、良い物件を維持できません

賃貸物件を良い状態で長く維持するためには、それなりの費用をかけて外壁や設備などを定期的に修繕しなければなりません。今回は、そのおおまかな費用をお教えします。

賃貸経営をスタートしたとき、「これからは安定した家賃収入が入ってくるから、将来の生活にもゆとりができる」などと思っていたオーナー様も少なくないでしょう。

しかし、賃貸経営はそんな簡単なものではないことも、多くのオーナー様はご存じだと思います。とくに、「東京ルール」によって、敷金のほとんどを退去者に返還しなければならない時代となり、オーナー様の負担は増える一方・・・。

詳しい内容はこちら↓↓
【3話目:地方都市にも広がっています!貸主負担が大きい「東京ルール」】

さらに、入居者が退去したときのお部屋の原状回復やリフォームなどの費用が、最も大きい出費だと考えるのもNGです。

空室を出さない良い物件を維持するためには、定期的に外壁を塗り替えたり、屋根の修繕をしたり、受水槽の交換をしたりしなければなりません。
ときにはエレベーターが故障して大々的な修繕を行わなければならないことだってあるのです。

つまり、物件を維持するためには、入居者の入れ替え時にかかる費用ばかりを考えるのではなく、もっと大きな修繕費用も念頭に入れておかなければなりません。
そうしなければ、突然の出費に頭を抱えることになるかもしれないのです。

建物や設備の修繕・交換に必要な費用っていくらくらい?

では、入居者の入れ替え時も含め、物件維持にはどのくらいの時期にどれほどの費用がかかるのでしょうか。

<室内>
※1Rの場合
クリーニング
2~3万円
壁紙の張り替え
4~5万円
<建物>
※ファミリー層向けの10世帯程度のマンションの場合
外壁の塗り替え
10年に1回 300~400万円
屋根の修繕
10年に1回 300~400万円
受水槽の交換
20年に1回 100万円
受水槽ポンプ交換
10年に1回 数十万~100万円
駐輪場の修繕
数百万円
エレベーター修繕
100~1000万円

以上が、かなりざっくりとした費用の目安です。

もちろん、室内であれば入居者の使用状況によって修繕の規模は変わります。外壁や設備の修繕についても建物の大きさや築年数などによって、かかる費用は大きく変わります。

これを見てオーナー様が気になることは、「建物、設備の修繕や交換にたった10年毎くらいに100万円単位の費用が必要になる……」ということではないでしょうか。
もしも、受水槽の交換とエレベーターの修繕が重なったら……、などと考えるとゾッとします。

外壁や屋根に関してはいえば、10年に1度は手を入れた方がいいといわれています。
このことをご存じの方は多いと思いますが、やはり費用も安くないし、緊急を要するわけでもなければ、つい後回しにしてしまうオーナー様も少なくはないでしょう。

しかし、こまめに手を入れることで、建物を長く美しく丈夫に保つことができますし、その結果、空室も少ない賃貸物件を作ることもできるのです。


そこで、これだけの費用をどうやりくりするかが課題となります。

しかし、その答えは簡単。10~30年の長期修繕計画を立てておけばいいのです。
今から何年後にどんな費用が必要になるかをあらかじめ把握しておくことで、資金計画も立てやすくなるのです。


「『長期修繕計画』を立てて収入安定の道へ」。

~賃貸物件専門のリフォーム会社「リメイクスタジオ」が長期修繕計画の立て方を伝授します~

資料請求はこちら お問い合わせはこちら

資料請求はこちら

お問い合わせ電話番号
メールお問い合わせ

このページのTOPへ